東本願寺函館別院


東本願寺函館別院の地図情報☜

東本願寺函館別院について

明治40年の大火で類焼、1915(大正4)年建替えに際して日本初の鉄筋コンクリート造りとした。ニ十間坂沿いに威風堂々と建つ。国指定重要文化財。東本願寺函館別院とも呼ばれる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

開館時間:07:00~17:00

所在地 〒040-0054 
北海道函館市元町16-15

電話番号

0138-22-0134

交通アクセス

(1)函館駅前から5分(市電 「十字街」電停 下車)

十字街から8分

すべての基本情報を見る

東本願寺函館別院は、北海道にある歴史ある寺院です。17世紀後半に建立され、金剛蔵法師によって開かれたとされており、今では本願寺の別院として信仰の場となっています。

この寺院は、大正期に創立された東本願寺本院と共に現在の函館にあるもので、かつては極東の門としての役割を果たしていました。現在でも金剛蔵法師を祀った石仏があり、歴史を感じる仏閣を見ることができます。

また、お寺の周りには桜、楓、木苺などの植物があり、夏には花々が咲き乱れ、紅葉のシーズンになると秋の景色がお楽しみいただけます。その他にも、石碑などが見られ、古来から伝わる歴史を感じることができます。

東本願寺函館別院は、現在も祈祷されており、全国から多くの信者が訪れます。また、仏教や文化の研究においても重要な存在となっています。ぜひ一度訪れて、歴史の足跡を感じてみてください。

東本願寺函館別院船見支院は、北海道に位置する創建400年以上の歴史を有する建国大祖の別院です。建国大祖の別院としては全国にたった一つだけの存在で、本尊は豊穣祈願の仏である「諸羅山妙心如来」を崇めています。そして、その別院の中心となるのが船見支院です。

船見支院は、創建当時から現在まで船見山に位置しています。船見山は、海岸から少し離れたところに位置し、豊かな自然環境に覆われ、静かな気持ちになれる穏やかな場所となっています。毎年夏には、「船見山祭り」が開かれます。祭りは船見山の東側にある船見神社で行われ、多くの信者が集まります。

また、船見支院には、船見大仏という特別な建物があり、何とか64mもの高さを誇ります。大仏がある建物は、完全なる仏像を意味しており、大仏を中心とした仏像があります。中央には大仏があり、その上には宝積仏があり、その下には金剛仏があります。

東本願寺函館別院船見支院は、北海道の名所として親しまれている場所です。古い歴史が残る神

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。