姥神大神宮


姥神大神宮の地図情報☜

姥神大神宮について

創立年代は不詳ですが、言い伝えでは約550年前の文安4年に折居姥の草創とされています。津花町より現在地に移転したのが正保元年。文化14年には正一位姥神大神宮号を勅許された北海道最古の神社です。毎年8月9日から11日までの3日間、13台の豪華な山車や御輿が町を練り歩く渡御祭(とぎょさい)が行われています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒043-0041 
北海道檜山郡江差町字姥神町99-1

電話番号

0139-52-1900

交通アクセス

(1)姥神町フェリー前バス停から徒歩で5分

すべての基本情報を見る

北海道の寺と言えば、「姥神大神宮」という歴史あるお寺が有名です。姥神大神宮は、札幌市東区の由岐山にあり、姥神湖を望む、景観が美しい山門です。お寺の歴史は、1732年に江戸時代の札幌大蔵卿である越後頼山が建立したとされています。お寺の建物は、建立当初の姿を今に伝える稀有な建造物です。参道は、山門から西側に続き、木造の三重塔や、昔ながらの木屋が立ち並びます。お寺の裏手には、小鳥が賑やかに鳴き声をあげる湖があります。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。