高龍寺達磨大師


高龍寺達磨大師の地図情報☜

高龍寺達磨大師について

地元に住む一個人の斎藤キワさんが、平和を願い一人で作り上げた像。身長3メートルもあり、インパクトがあるが、その表情には作り手の思いが込められているような印象を持つ。
現在は高龍寺に寄贈されている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒042-0914 
北海道函館市上湯川町336

電話番号

交通アクセス

(1)「トラピスチヌ入口」バス停から徒歩約3分

すべての基本情報を見る

高龍寺達磨大師は、北海道の寺で有名な寺院です。北海道の札幌市にあり、札幌の中心部から車で約20分の距離にあります。高龍寺達磨大師は、札幌で最も古い寺であり、札幌市面積の2割を占める大きな境内を有しています。境内には、日本最古の蓮池、札幌の有名な石塔、石橋などがあり、訪れる人々を魅了します。高龍寺達磨大師は、信仰のほかにも、観光客にも人気があります。近くにある高龍寺山では、「百万札幌」と呼ばれる大規模な祭りが毎年開催されています。また、高龍寺の達磨大師は、観光客にとっても非常に重要な場所であり、多くの観光客が訪れています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。