阿吽寺(北海道松前町)


阿吽寺(北海道松前町)の地図情報☜

阿吽寺(北海道松前町)について

阿吽寺(海渡山真言宗)
真言密教の奥義…阿吽の呼吸から付された寺名である。
嘉吉三(1443)年津軽に居住した蝦夷管領安東盛季が南部氏との戦いに破れた際、寺号を携われ松前に再興、大館下にさらに再興したのは永正10(1513)年といわれる。
松前福山館の鬼門を守るため元和3(1617)年ころ現地に移った。この寺は松前家の祈願所として他の真言寺院を支配していた。
明治元年の御用火事に焼失したが、内陣は土蔵造りであったので免れ宝物も多い。
本尊不動明王は松前町指定有形文化財となっているが軀高ほ1.2m桧木一本一部寄木造りで二世期当初頃の地方作(北陸)で躰体に見られる切金細工は見事である。
また、この寺には慈眼寺本尊の弥勒菩薩がありヽいわゆる推古仏といわれ重要な仏像であったが昭和29年9月17日盗難に遭い今は木彫のものを置いている。
このほか寺宝として五世慶廣木彫像、将軍地蔵尊、弁財天像などがある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒049-1511 
北海道松前郡松前町松城371

電話番号

0139-42-2249

交通アクセス

(1)松城バス停から徒歩で10分

すべての基本情報を見る

阿吽寺(あうんじ)は、北海道松前町にある寺院です。古代から存在していたという伝説的な歴史を持つ、北海道でも有数の名刹として知られています。

阿吽寺は古い江戸時代には「開山」としても知られ、その後「極楽寺」と改称されました。そして、1883年に阿吽寺に改称されました。

阿吽寺のお寺は、鎌倉時代に建てられたという古い建物があります。また、本堂として宝仙堂があり、紅葉を眺めながら参拝できるのが特徴です。

阿吽寺は、仏教徒でなくても参拝できます。また、阿吽寺には毎年多くの信者たちが訪れ、お参りをしたり、色々な行事を行っています。

阿吽寺には、多くの社宅があり、それらが様々な観光スポットとなっています。例えば、有名な文化財である千手観音像や仏像、石碑などがあります。

阿吽寺の周辺には、豊かな森林や自然の美しい景色もあり、観光客も多く訪れます。また、毎年6月には「阿吽寺祭り」が開催され、多くの観光客が訪れる人気の行事となっています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。