浦河神社


浦河神社の地図情報☜

浦河神社について

寛文9年、東蝦夷地の争乱が鎮圧され、この年に松前藩の将佐藤権左衛門が配下を遣わし、東蝦夷地鎮護の神として祀ったことに始まる神社です。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒057-0013 
北海道浦河郡浦河町大通り2丁目29番地

電話番号

交通アクセス

(1)浦河駅から徒歩で8分

すべての基本情報を見る

北海道にはたくさんの面白い神社や寺がありますが、浦河神社はその中でも特に訪れる価値があります。浦河神社は、北海道の釧路市にある古い神社です。浦河神社は、元々古代から存在すると言われている歴史があります。神社の歴史は、紀元前8世紀にさかのぼると言われています。神社の大きな特徴は、その建物の前にある大きな神殿です。神殿は、釧路市で最も古いものの一つです。また、神社には多くの古い木造建築物があります。その中でも、最も古いものが紀元前12世紀の「多賀宮殿」です。神社の周りには、多くの桜の木が植えられています。そのほかにも、池や庭園などもあります。浦河神社は、北海道を訪れた際に訪れる価値のある神社です。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。