光善寺


光善寺の地図情報☜

光善寺について

光善寺(浄土宗)
大館にあって高徳山と号した。
天正三(1575)年建立され、高山寺と称したが、慶長七年光善寺と改称した京都百万遍忍教寺の末寺である。
後水尾天皇から山号と法衣を賜ったと言われています。
19世紀中ごろに作られた美しい庭園があり、境内には桜の名木、樹齢300年の血脈桜があります。
寺には松前藩10世藩主の子供・11世の主奥方等がお祀りされております。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒049-1511 
北海道松前郡松前町松城303

電話番号

0139-42-2680

交通アクセス

(1)松城バス停から徒歩で10分

すべての基本情報を見る

光善寺は、北海道にある、仏教宗派『浄土宗』の寺院です。本堂は国宝の建築物として指定されており、景観は内外共に美しく、多くの観光客の心を魅了しています。歴史的背景も豊かで、江戸時代に開かれたと言われています。近くの山々から川が流れ続け、森林の中にある光善寺は、静かな雰囲気を醸し出しています。この寺院では、毎年「光善祭」が開かれ、多くの信者が訪れます。また、境内には、歴史的価値のある多くの文化財が保存されています。光善寺は、開かれた境内と美しい景観が魅力的な、北海道を代表する仏教施設です。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。