室蘭八幡宮


室蘭八幡宮の地図情報☜

室蘭八幡宮について

1874(明治7年)年に漂着したクジラを売ったお金を造営費用にしたことから「鯨八幡」とも呼ばれていた室蘭八幡宮。
この神社のソメイヨシノは市の標準木になっています。
エゾヤマザクラなど約300本の桜が市民に春の訪れを知らせてくれます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒051-0022 
北海道室蘭市2丁目9-3

電話番号

0143-22-2428

交通アクセス

(1)JR室蘭駅から徒歩で10分

すべての基本情報を見る

室蘭八幡宮は、北海道の生活的な神社です。室蘭市の北西部にあり、本殿は一軒家のような低い木造建物で覆われています。1880年に建立されたと言われ、室蘭市市民を司る神社として室蘭市内で有名です。

室蘭八幡宮には、現在では神社の主祭神である八幡大神と大黒神を祀っています。また、毎年5月3日には、室蘭市で有名な「八幡祭」が開催されます。祭りには、地元の文化、伝統、歴史、芸能などを披露するイベントが行われ、多くの観光客が訪れます。

室蘭八幡宮内には、八幡大神の祠があります。その他にも、室蘭市内の観光スポットとして有名な「室蘭八幡宮展望台」があり、室蘭市の街並みを一望できます。室蘭八幡宮は、北海道の歴史的な神社であり、観光スポットとしても人気があります。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。