法亀寺


法亀寺の地図情報☜

法亀寺について

高さ12m、樹齢300年といわれており、北海道最大級のしだれ桜です。
桜の開花に合わせてライトアップされる夜桜は必見です。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観時間:宗教施設につき、夜間の訪問にはご配慮を

所在地 〒041-1231 
北海道北斗市向野1丁目14-13

電話番号

交通アクセス

(1)車:JR新函館北斗駅から約10分

すべての基本情報を見る

法亀寺は北海道本島の南端に位置する寺院で、建立されたのは明治2年(1869年)です。広大な敷地を有し、山城垣や法亀堂などがあります。

法亀寺は、日本中から巡礼している有名な寺院です。本堂内には明治天皇からの贈与品として設置された銅像があり、また大正1年(1912年)に大仏殿を建立しています。

大仏殿内は、仏様の銅像、石灯籠、お経札などが設置され、今もなお維持されている伝統的な建物であり、日本国内でも有数の名勝です。

法亀寺には、紅葉を楽しむ観光客が多く訪れる季節もあります。毎年紅葉を楽しむ観光客が多数訪れ、法亀寺の外観を楽しむことができます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。