見内神社


見内神社の地図情報☜

見内神社について

アイヌの娘を祀った伝説の神社、安産のお礼の神として知られる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒097-1201 
北海道礼文郡礼文町香深

電話番号

0163-86-2655

交通アクセス

(1)香深港からバスで11分

すべての基本情報を見る

北海道にある見内神社は、1944年に完成した神社です。主神は神社を建立した見内家の先祖である見内弥勒大臣を祀っています。

見内神社は、佐山空海の金剛菩提寺をモデルにしています。全体的な建築様式は、富嶽三十六景の一つ「洞山鳴門」をイメージしています。

神社の大鳥居の両側には、護法神である烏丸御津彦神、鎮守神である烏丸大権現神が祭られています。大鳥居の正面には、元祖神である見内弥勒大臣の墓があります。

見内神社は、「見内神社・洞山記念碑」として登録されています。また、見内神社は、梁祝社会資金法により、国の重要文化財に指定されています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。