寿都神社


寿都神社の地図情報☜

寿都神社について

寛永4年4月、北海道に向かう筑紫国の弁天丸が日本海航海途中に遭難となり、寿都湾で座礁した際、船主乗組員は神の守護と住民に救助された事に感謝し、船中の弁天神を岩崎町の一角に祠を建て奉斎した。後にこの近辺が松前藩士鈴木喜三郎の知行する漁場となり、戸数増加の形態を為すにより厚い信仰を受け、新たに社を建立した。明治5年8月、厳島神社と称して郷社に列格、大正14年11月、「壽都」の町名を冠し、壽都神社と改称した。昭和52年11月、国道229線の境内地通過に伴い現在地に遷座、平成20年には御創祀380年を迎え、記念大祭・神輿全面修復・社務所改築工事が記念事業として行われた。また、時代毎に船主が奉納した一の鳥居・錨・北前船絵馬が大切に保存されている。御創祀380年の歴史と古格は、後志一を誇る我が故郷の文化遺産である。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

その他:不定期

所在地 〒048-0406 
北海道寿都郡寿都町字渡島町127-2

電話番号

交通アクセス

(1)岩内バスターミナルからバスで60分(中央バス札幌駅前ターミナル→岩内行き
ニセコバス 岩内ターミナル→寿都行き)

(2)札幌市から車で180分(国道5号線(小樽回り)札幌→小樽→余市→岩内→寿都

国道230号線(中山峠回り)札幌→中山峠(喜茂別)→ニセコ→蘭越→寿都)

すべての基本情報を見る



北海道の寿都神社は、北海道の北方(東西)に位置しています。その神社は、約2000年以上前に、古代日本における「高麗征伐」のときに、稲盛和夫公が祀ったものと言われています。神社の本殿は、1800年以上前に建てられたと考えられており、現在も廃墟ではありません。神社には、多くの仏像や神々の像があり、それらは、古代日本の歴史や文化を守る証拠となっています。近年、神社は保存されており、多くの観光客が訪れています。

北海道の有名な寿都神社は、佐呂間郡豊浦町にある古代の日本神道の寺院です。 寿都神社は、大正十五年(1926年)に建立されました。 元来、神社はその名前に示すように、寿命を祈願し、病気を祓い、災いを受け入れるための場所として知られていました。 神社は、地元の人々にとって非常に重要な場所であり、様々な祭りが行われていました。

寿都神社では、月曜日から土曜日まで、朝から晩まで開館しています。 宮司による儀式が行われており、宗教的に信仰されているということが伝えられています。 神社の中では、豊浦山の山頂、下鴨神社、桃山神社などがあります。 また、神社の近くには、大聖母像、九十九像、豊浦山公園などがあります。

寿都神社は、北海道の多くの観光地を訪れる人々に大変人気があります。 神社では、豊かな自然が広がり、多くの人々が豊かな幸せを感じることができます。 寿都神社では、様々な催し物が行われていて、神社を訪れる人々にとって季節を感じることができます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。