八雲神社(北海道八雲町)


八雲神社(北海道八雲町)の地図情報☜

八雲神社(北海道八雲町)について

明治20年(1887)に徳川公爵家のはたらきかけを受け、建立された。熱田神宮(三種の神器のひとつ草薙の剣を祀る)の、全国でただひとつの分社となっている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒049-3116 
北海道二海郡八雲町宮園町56

電話番号

0137-62-2523

交通アクセス

(1)八雲駅から車で5分

すべての基本情報を見る



北海道八雲神社は、北海道八雲町にある神社である。神社の本殿は、明治3年(1870年)に建てられた木造の平屋建てである。神社の内容は、建物と設備が完備されており、本殿には空海が開祖となっている。本殿の向かい側には、大社殿と金剛堂があり、神社の周囲には、拝殿、御門、御堂などがある。神社は、毎年八月の八雲祭には多くの信者が訪れ、宮司が宮司衣装を着て入宮して、神話などを説いている。また、四月には当神社の伝統行事である「立春祭」が行われている。

八雲神社は、明治時代に八雲地方の各方から集まった信者が立ち上げた神社である。明治3年には、木造の平屋建ての本殿が現在の形で完成し、その後も空海を開祖とし、現在に至るまで変わることなく維持されている。神社には、本殿に加えて大社殿と金剛堂、拝殿、御門、御堂などがあり、八雲祭のほか、四月には立春祭を実施している。

八雲神社は、北海道八雲町にある古い神社です。明治2年(1869年)に建立され、現在も変わることのない歴史を誇っています。八雲神社は、神社本殿と社務所、五重塔などを含む複合施設で、建物の数は約30棟にも及びます。

八雲神社では、祭神として紀元前約2万年前から存在するお稲荷さんを祀っており、境内にはさまざまな稲荷山があります。また、稲荷山の上にある稲荷社務所は、明治期に改修されています。

八雲神社では、毎年8月1日から8月7日までの一週間にかけて「八雲祭」が開催されています。この「八雲祭」では、お稲荷さんに祈願したり、お祭りの演舞を披露するなど、伝統的な行事が行われています。

さらに、八雲神社では、毎年8月1日から3日の3日間、「湯煙祭」が開催されます。この祭りでは、オオクニヌシ(大くに主)として祭神のお稲荷さんを祀るとともに、湯煙(お風呂から立ち上る煙)を神に向けて祈願したり、お祭りの演舞を行うなどの伝統的な行事が行われています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。