長徳寺


長徳寺の地図情報☜

長徳寺について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒743-0062 
山口県光市立野西庄1450

電話番号

交通アクセス

(1)JR島田駅からバス→立野下車 徒歩10分

すべての基本情報を見る

長徳寺は、山口県下関市にある真言宗宗廟である。1118年に開創された古刹で、平安末期の法然宗の若き出家者である長徳和尚が開いたと言われている。建物も重要文化財となっており、本堂、仏殿、四重塔、その他の建物を有する。長徳寺には更に、枯山水庭園、門楼、境内の小屋などもあり、関西でも数少ない完全なる三十三間堂構成を持つ。

長徳寺は本尊である長徳禅師を祀っている。長徳寺は、長徳禅師の聖域として観光客が多く訪れる。また、歴史的な建物や庭園なども見どころとして観光客を魅了している。

長徳寺は、毎年初夏に行われる「長徳祭」という行事を開催している。長徳祭は、歴史に残るお祭りで、多くの人々が参加している。また、長徳祭では、多くの文化行事が行われるほか、伝統的な衣装を着た多くの見物客も見ることができる。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。