正願寺


正願寺の地図情報☜

正願寺について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒729-4103 
広島県三次市 甲奴町小童1348

電話番号

交通アクセス

(1)【車】山陽自動車道三原久井ICから約40分、中国自動車道三次ICから約40分・庄原ICから約30分

(2)【公共】JR福塩線甲奴駅から車で10分、広島バスセンターからピースライナーで甲奴駅まで2時間

すべての基本情報を見る

正願寺(せいごんじ)は、東京都大田区にある大乗仏教の寺院です。建立は1468年、江戸時代には大乗仏教の寺院として栄え、現在もその趣を保ちながら続いています。正願寺は、本堂、三重塔、陰翳門、十二門など、古くからの有名な建築物が残されています。また、四国の名山大山にある東大寺と結びついていることから、日本四国八十八ヶ所霊場に数えられています。

正願寺は、毎月1日に定められた祭礼日など、複数の儀式を行っており、仏法を学ぶために修行を積む人も多くいます。また、正願寺の本堂は、江戸時代に築かれた無骨な建物で、境内には江戸時代から現在に至るまで様々な文化財が保存されています。

正願寺は、江戸時代の寺院として栄えた歴史と、その文化を今なお継承していることから、東京都の指定文化財や国の重要文化財に指定されています。そのほか、正願寺の祭礼日には、多くの信者が訪れて祈りを捧げています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。