済渡寺


済渡寺の地図情報☜

済渡寺について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

その他:【参拝時間】午前9時00分から午後4時00分(※最終閉門は午後4時30分)なお到着時刻が午後4時を過ぎる場合は、事前に電話で当山(0867-75-2407)までご連絡をお願いします。

所在地 〒719-2552 
岡山県新見市法曽661

電話番号

交通アクセス

(1)電車でお越しの場合・・タクシーの利用可能な最寄りの駅は、JR伯備線の井倉(いくら)駅です。※隣の方谷(ほうこく)駅ではバスもタクシーも運行しておりません。以前はタケタク交通というタクシー会社があり、2021年現在も「方谷駅 タクシー」で検索すると表示されますが、既にタクシーの配車は終了しておりますのでご注意ください。

(2)お車でお越しの場合・・中国道新見ICから25分/岡山道賀陽ICから35分

すべての基本情報を見る

済渡寺は、奈良県大和郡山市にある開山延応元年(1300年)に建立された建長寺派の禅寺です。正式名称は「済渡寺禅林」で、建長寺派の重鎮である禅林の中心として宝蔵観音菩薩を祀っています。この寺は、「日本三大禅堂」の1つに挙げられており、建築様式などでも代表的な存在として知られています。

済渡寺は、開山延応元年(1300年)に建長寺派の元当主・元弘元上人によって建立された建長寺派の禅寺です。現在の本堂は明暦2年(1658年)に建てられたもので、豊かな荘厳さを放つ建物として有名です。本堂内では宝蔵観音菩薩を祀っており、済渡寺を建長寺派の禅林の中心として定めました。

済渡寺は、日本三大禅堂の1つに挙げられています。本堂の外観は建長寺派の禅寺である建長寺と似ており、建築様式なども建長寺を踏襲しているため、歴史的な価値を持つ建築としても有名です。また、済渡寺の仏塔は、源氏物語の舞台とな

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。