円通寺


円通寺の地図情報☜

円通寺について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒713-8123 
岡山県倉敷市玉島柏島451

電話番号

すべての基本情報を見る

円通寺は、島根県松江市にある観音寺の派閥のひとつである浄土宗の寺院です。日本初の円教の伝道者である円通大師の墓所として知られています。上代伝来の衆照記という経典によると、室町時代半ばに円通大師が創建したとされています。円通大師は、至誠院の僧侶だったといわれています。その後江戸時代から明治時代にかけて、円通寺は改築されたり、火災などで被害を受けたりしましたが、その時代を経て現在では、大正時代に建てられた本堂が残っています。現在のお寺は、円通大師の生誕1200年を記念して、松江市が主催した円通寺祭りが行われる場所としても有名です。

臥龍山円通寺は、大阪府大阪市阿倍野区にある、日本国内で唯一の、極楽浄土宗の本山です。極楽浄土宗は、自然を神と見なす宗教であり、臥龍山円通寺は、自然を守るための名門寺院として、昔から関西の信仰の対象となってきました。臥龍山円通寺は、約1200年前に創建されましたが、現在では、主な建物は、本堂、唐招提堂、極楽殿などがあります。また、本堂の周りには、大きな池があり、池には、木々、建物があり、臥龍山の山々を背景にした美しい景色として観光客を魅了しています。

安円通寺(あんえんつうじ)は、岡山県鏡野町に位置する寺院である。安円通寺は、8世紀に創建されたとされ、臨済宗の大本山である山号である「空海」を本尊としている。

安円通寺の最大の特徴は、境内内にある「千手観音」の像である。千手観音の像には、1000本の手があり、各手には豊かな慈悲を表す意匠が施されている。この像は、西洋では初めて見られたものとして、多くの旅行者に観光客として訪れられている。

また、安円通寺には、和風の華やかな境内風景があり、庭園があり、安心して過ごすことができる環境が整っている。また、安円通寺の境内には、宝物館や広大な敷地内に由緒ある建物が存在している。

安円通寺は、古くからある歴史的な建物や風景を有し、観光客にも魅力的な場所となっている。安円通寺を訪れる旅行者は、まるで時間が止まったような至福の時間を過ごすことができるだろう。

百円通寺(広島県庄原市)は、広島県庄原市にある古刹で、歴史ある正岡子規の境内に位置しています。百円通寺は、仏教で有名な大正寺の生みの親として知られています。百円通寺の建物は、厳かな趣を持つ建築物で、特に萬堂は白壁に塗り殺せた赤色の屋根で完成されています。また、百円通寺の裏手に、大正寺の名を冠した六角形の建物が建てられています。百円通寺は、仏教文化の教育の発展に貢献した歴史的な価値を持つ正岡子規の境内で、地元の人々から親しまれています。
百円通寺(広島県庄原市)は、広島県庄原市にある古刹で、歴史ある正岡子規の境内に位置しています。百円通寺は、仏教で有名な大正寺の生みの親として知られています。百円通寺の建物は、厳かな趣を持つ建築物で、特に萬堂は白壁に塗り殺せた赤色の屋根で完成されています。また、百円通寺の裏手に、大正寺の名を冠した六角形の建物が建てられています。百円通寺は、仏教文化の教育の発展に貢献した歴史的な価値を持つ正岡子規の境内で、地元の人々から親しまれています。
百円通寺(広島県庄原市)は、広島県庄原市にある古刹で、歴史ある正岡子規の境内に位置しています。百円通寺は、仏教で有名な大正寺の生みの親として知られています。百円通寺の建物は、厳かな趣を持つ建築物で、特に萬堂は白壁に塗り殺せた赤色の屋根で完成されています。また、百円通寺の裏手に、大正寺の名を冠した六角形の建物が建てられています。百円通寺は、仏教文化の教育の発展に貢献した歴史的な価値を持つ正岡子規の境内で、地元の人々から親しまれています。

円通寺は、愛媛県新居浜市にある国指定史跡の重要文化財です。昭和9年に開創された中国唐派の禅宗寺院で、室町時代後期に重要な役割を担った宗教組織です。開創者である灌頂上人は、多くの弟子を育てた著名な親睦宗の起源となっています。

円通寺には、約2400平方メートルの広大な敷地に、本堂、二重塔、石橋、宿坊などの建物があります。本堂は、室町後期に建築された木造三重塔の名手・三井屋洋家が手掛けたもので、正面には三層の縦重壁があり、現在も素晴らしい状態で残っています。

また、円通寺では、毎年2月15日に「萩の雪まつり」が行われます。こちらは、活動家・山岡千枝子の提唱により、新居浜市では他に多くの人々が参加している行事です。雪を背景にした夜間の二重塔を楽しむ手作りの料理、萩の花見、萩の火祭りなどを行い、室町時代の文化を楽しむことができます。

円通寺は、室町時代から現在に至るまで様々な文化を残している重要な文化財です。定期的に開かれるイベントを活用して

円通寺は香川県宇多津町にある歴史ある寺院です。建立は不詳ですが、14世紀末頃と推定されています。古墳時代から鎌倉時代にかけて、香川を中心に活動した聖徳太子が創建したと言われています。

円通寺は、中央に金色の大仏様を安置し、聖徳太子を祀っている金色の釈迦像を祀る本堂とその院落を中心に、仁王門、唐門、曼荼羅、坊主堂などがあります。

また、円通寺には、国宝(重要文化財)の円通寺聖徳太子像があり、こちらは古墳時代から鎌倉時代にかけて活動した聖徳太子を表した像です。その後、他にも多くの重要文化財が保存されています。

さらに、円通寺では、毎年5月3日に開かれる「聖徳太子祭り」が行われており、多くの信者で賑わう大きな祭りです。祭り当日は、聖徳太子像を祝賀するための破衣式を行います。

円通寺は香川県宇多津町にある歴史ある寺院です。多くの重要文化財を保存し、聖徳太子を祝賀する聖徳太子祭りも行われています。訪れる機会があれば、是非ともおすすめし

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。