草津八幡宮


草津八幡宮の地図情報☜

草津八幡宮について

社伝によると、推古天皇(593年-628年)の時代、宮島の厳島神社とほぼ同じくして、草津、古江の入江の奥に多紀理姫命を海路の守護神として祀ったのが創祀とされています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒733-0851 
広島県広島市西区田方1丁目11-22

電話番号

すべての基本情報を見る

草津八幡宮は、草津市にある正式な名称が「大社・草津八幡宮」である神社です。日本全国から多くの信者が訪れる神社で、全国の道の駅にも入っています。宮内には、古来より伝わる正式な宮社・稲荷神社・桃井神社などがあり、それぞれ異なる歴史を持ちます。特に、大社の伝統的な建物である「鳥居」は全国有数の美しいものとして有名です。また、毎年4月20日には「八幡祭り」が開かれ、多くの人々が宮内に訪れます。その祭りには、宮内の祭典礼拝や祭礼のほか、百万灯祭りなども行われます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。