覚天寺


覚天寺の地図情報☜

覚天寺について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒756-0001 
山口県山陽小野田市大休1867

電話番号

すべての基本情報を見る

静岡県浜松市にある覚天寺は、浜松城の足柄に位置しています。正式名称は「足柄大明寺」と言います。覚天寺は、その創建は正倉院文書に記載されているように、平安時代中期に創建されたとされています。その後、室町時代末期には、天正12年(1584)に大覚天という別名が与えられ、約200年間その名で親しまれてきました。

覚天寺は、大覚天宗という浄土宗の寺院として、足柄山の中央に位置しています。その規模は、殿、門楼、四重塔、屋根付きの本堂、書院、二重塔、三重塔などで構成されており、足柄山とともに、浜松市の主な観光名所となっています。

覚天寺では、毎年5月の第3金曜日から第4日曜日にかけて、「覚天祭」が開催されます。その際、伝統芸能や屋台、幟旗などが披露され、多くの観光客が集まります。また、毎年、多数の参拝者が足柄山に登り覚天寺を参拝する「覚天登山」も行われています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。