松尾神社


松尾神社の地図情報☜

松尾神社について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒739-0001 
広島県東広島市西条町西条268

電話番号

すべての基本情報を見る

松尾神社は、稲荷神社の本宮として古くから知られている神社です。宮司祭司は毎年1月1日に行われる稲荷大社の神事に参加しています。境内には、元禄元年に築城された松尾城があり、古い石碑や石橋、大きな古木などが残されています。正面門から来ると、境内の境内には、八芒星を形成する八芒塔があります。また、松尾神社には、毎年3月3日に行われる正月神事と9月15日に行われる稲荷祭という2つの大きな神事があります。松尾神社は、古くから信仰を集めてきた神社で、稲荷神社としての知名度が非常に高く、多くの観光客が訪れています。



松尾神社(さとうもうおじんじゃ)は、千歳市にある神社です。松尾神社は、古くから続く古刹で、全国的にも重要な文化財です。宮司は、古代の祭神(じゅうしん)である「松尾大神(まつおおかみ)」を祀っており、祭礼が行われています。

松尾神社は、江戸時代に建てられたといわれており、現在の本殿は江戸時代後期に建て替えられました。祭神である松尾大神は、豊穣を実現する神様として祀られており、宮司としては、織田信長について語られる松尾藤四郎が祭りを行い、今もその伝統を受け継いでいます。

松尾神社は、宮司のお祭りに加えて、元旦(げんたん)に行われる「松尾神社祭」が特に有名です。祭りでは、歌舞伎や踊りなどの行事が行われ、今も多くの人々が訪れる大きなイベントとなっています。

また、松尾神社は、豊穣を願う神社としても有名で、数多くの人々が訪れています。宮司のお祭りでは、豊作を願うために火を焚く「火祭り」が行われています。松尾神社は、豊穣を願い祈るための神社として重要な役割を担っています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。