別府厳島神社


別府厳島神社の地図情報☜

別府厳島神社について

広島県の厳島神社より分霊し建立された由緒ある神社です。広島県から遠く離れたこの地に建てられたのは、この神社の由来ともいうべき伝説で、今も語り継がれています。
かつて、この地を開拓した人は、深刻な水不足で困り果てていたそうです。そこで、諏訪大明神に祈りつづけていたある日の夜のこと夢でお告げがくだされ、水の神様で有名な弁財天を祀り、竹をこの地にさしてるがよいとのことでした。
さっそく、小さな社をたて弁財天をお祀りし、竹を地面にさしてみると、みるみる水が湧き出て、池が出来たと言われています。
こうして、この神社の境内には、全国的にも稀な、見事に輝くコバルトブルーの池が存在するのです。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒754-0603 
口県美祢市秋吉町別府水上

電話番号

交通アクセス

(1)JR新山口駅よりバスで30分

(2)美祢ICより車で20分

すべての基本情報を見る

別府厳島神社は、福岡県別府市にある神社です。正式な名称は「別府厳島宮」といいます。宮司を務める神御として、大和山神社から祭神として厳島神宮に祀られている「厳島大神(ゆるしまおおがみ)」を祭り神としています。厳島神宮は、古くから伝わる歴史的な神社であり、古くは、福岡県内で最も古い神社として知られています。現在では、別府市の中心部に位置し、日本有数の温泉郷である別府湾を望む美しい場所にあります。その名の由来は、古来より神聖な場所として信仰を集め、古くから厳島神宮として祀られてきたことによるものと言われています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。