千手院


千手院の地図情報☜

千手院について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒690-0881 
島根県松江市石橋町385

電話番号

すべての基本情報を見る

千手院(せんじゅいん)は、山口県山陽小野田市にある仏教寺院です。千手院は、山口県の県菩薩である全山頭天を信仰する山陽小野田院として、源義経が安南に派遣した入道祐章(1062~1127)によって開かれたと伝えられています。そのため、千手院は建立以来、歴史的に重要な地位を占めています。千手院は、日本で最も古い「千手観音」を祀っていて、これは入道祐章の心意を表しています。千手院は、仏教の礼拝場としても人気があり、毎年多くの信者が訪れています。また、千手院の境内には、古代から現代まで続く伝統的な文化を象徴する多くの建築物が存在しており、観光の要素も含まれています。

千手院は、岡山県井原市にある大和大師を祀る寺院です。現在は井原市の市町村の記念施設となっています。千手院は、延暦2年(1173年)に大和大師の修行の際に建立されました。その後、江戸時代に入ると、全国から参拝者が集まり、重要な信仰の寺となりました。千手院内には、大和大師を祀る唐招提寺があり、現在もその特別社寺として守られています。また、大和大師を祀る千手観音院、豊島観音院、南日和観音院など、多数の寺院、神社、仏閣があり、参拝者を歓迎しています。千手院は、大和大師を祀るだけでなく、建築、美術、植物など、複数の分野で芸術的な価値を持つ場所として、多くの観光客を魅了しています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。