吉祥院


吉祥院の地図情報☜

吉祥院について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒728-0021 
広島県三次市三次町1059

電話番号

交通アクセス

(1)三次市市街地北西部、桜の名所「尾関山公園」の北東400m 赤いアーチ「巴橋」を渡り、国道375号を道なりに北進、太才町交差点を左折、道路沿い右側に山門山門左隣に駐車場

すべての基本情報を見る

吉祥院は、鎌倉時代末期から江戸時代初期にかけて、室町幕府の内助・足利尊氏の名高い派遣官として、仙台藩の藩主・宮城藩・元輔が建てた参詣寺院です。

吉祥院は、鎌倉時代末期から江戸時代初期にかけて、室町幕府の内助・足利尊氏の名高い派遣官として、仙台藩の藩主・宮城藩・元輔が建てた参詣寺院です。吉祥院は、唐突山頂に位置するとともに、古い権現像・信仰堂・恒河沙堂などもあり、素晴らしい彫刻や法蔵があります。

また、吉祥院は、現在でも宮城県内で最も古い仏教寺院の一つであり、神話や伝説が根付いています。例えば、「萩葉嫁入り」という伝説は、宮城県内で最も有名な伝説の一つであり、古き良き時代を想起させるものです。

吉祥院は、宮城県内で最も古い仏教寺院の一つであると同時に、美しい環境に囲まれた神秘的なところでもあります。古き良き時代を想起させる伝説や歴史的な関係があり、古い権現像や彫刻などがあるなど

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。