能満寺


能満寺の地図情報☜

能満寺について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒720-0067 
広島県福山市西町1丁目20-3

電話番号

すべての基本情報を見る

能満寺は、奈良県吉野郡吉野町にある、鎌倉時代の建物群を有する寺院です。当時、有名な日本人学者・学問家である能満上人が創立したと言われています。能満寺は、当時の能満上人が漢学を学び、優れた英雄の伝記を残したという歴史的な価値があります。能満寺は、11世紀の藤原道長によって創立されたと言われていて、その後多くの修験者が集まり、大梅津山の禅僧伝説に関連しています。能満寺には、11世紀半ばから13世紀にかけて建築された重要文化財が残っていて、建築物や墓地など多くの史跡があります。また、能満上人は、漢詩や文学作品、禅宗の研究などを行いました。今でも、能満寺が依然として存在し、多くの旅行者が訪れる名所として知られています。

能満寺は、山口県長門市にある日本有数の名刹として知られています。14世紀に開基されたといわれており、本尊は当時の山口県長門藩主・真田信繁が当時に持ち込んでいたといわれています。

能満寺は赤穂浪士の記念碑や江戸時代に作られた重要文化財を多数保有しており、その他にも境内には石塔や由緒ある木造仏像があります。また、能満寺は全国の名刹である月山寺とも共に、高知県の三崎口、沖縄県の豊見城城、福岡県の木場天満宮などを結ぶ「四国八十八ヶ所霊場巡礼」の第48番札所として重要な位置を占めています。

能満寺は朝から夕方まで開館しており、毎日多くの観光客が訪れています。また、能満寺では日本三大金屏風の一つである「長門金屏風」を保有しており、見ることができます。

能満寺では、毎月第2土曜日には日本一大きな押拝祭が行われます。祭りは多くの信者や観光客で賑わい、山口県の長門市の象徴とも言われています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。