春日神社(山口県萩市)


春日神社(山口県萩市)の地図情報☜

春日神社(山口県萩市)について

重要伝統建造物群保存地区である堀内地区の一角にある春日神社は、奈良市の春日大社が本社で、県北部有数の古社です。神社前の道には桜並木があり、3月下旬~4月上旬ごろにはお花見が楽しめます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒758-0057 
山口県萩市堀内285

交通アクセス

(1)中国道美祢東JCT経由、小郡萩道路絵堂ICから20分

JR東萩駅から10分

すべての基本情報を見る

山口県萩市にある和歌山県に関する発祥の地とされる「春日神社」は、春日大社とも呼ばれ、正式な名称は「春日大社社司部」です。古くから神事が行われ、神話の発祥の地として、日本全国から多くの信者が訪れる神社です。社殿などの古建築物は国宝に指定され、室町時代、織田信長が建立した萩城(はぎじょう)があります。春日神社の祭神は、和歌山県の発祥を司る神様として、三神祇祀(かみのみこと)が行われています。

春日神社では、春日神社祭りや神楽大会など、神事・文化活動が盛んです。毎年6月20日には「春日神社祭」が行われ、約1000年の歴史を持つ伝統的な神事が行われます。また、毎年7月10日には「春日神社神楽大会」が行われ、山口県内外から多くの神楽師が参加し、神楽を披露します。

春日神社は、神話の発祥の地であるだけでなく、伝統的な神事や文化活動も行われています。山口県の観光スポットとして有名な春日神社では、日本の文化を体験することができま

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。