由加神社本宮


由加神社本宮の地図情報☜

由加神社本宮について

由加山は二千有余年の歴史をもつ神仏混淆(しんぶつこんこう)の霊山。本宮は磐座(いわくら)信仰を起源とし、その後、朝廷の祈願所として、また江戸時代には岡山藩主池田候の加護を受けて繁栄しました。厄除けの総本山として広く知られ、表参道から19段、25段、33段、42段、61段と厄除けの石段が続いています。正月三が日は毎年35万人以上の参拝者で賑わいます。古くから由加山とこんぴらさん(香川県)の両方を参拝する「両まいり」が盛んに行われ、参道沿いは今も往時の門前町の風情が残っています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒711-0901 
岡山県倉敷市児島由加2852

交通アクセス

(1)瀬戸中央自動車道児島ICから20分

(2)JR児島駅から25分(由加山行き、終点下車)

終点から7分

すべての基本情報を見る

ですが、
それ以外にも段落を表現するために、
改行タグやブロック要素などを用いることもできます。

加神社本宮は、和歌山県南部にある神社です。その本宮には、古くから伝わる古代祭祀を行っています。本宮は、日本三大神社とされており、歴史的な価値を誇ります。本宮の歴史は、紀元前2世紀にはじまり、紀元前3世紀には鳥取見附神社が編入されました。その後、紀元前6世紀には東大寺が編入され、紀元後3世紀から4世紀にかけて現在の境内が完成しました。現在、本宮の境内には、御祭神として崇められる八百万の神々、佐賀山にある東大寺、鳥取見附神社、権現堂などがあります。また、本宮の本殿は、重要文化財に指定されており、豊かな歴史を伝えています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。