千代稲荷神社


千代稲荷神社の地図情報☜

千代稲荷神社について

承平4年(934)の創建と伝えられていて、もとは鶴山八幡宮の摂社として鶴山の中腹に立地していましたが、慶長9年(1604)森忠政の津山城築城に際して八出村に移され、同13年(1608)に再度山北村に移転しました。
その後、寛永11年(1634)に森家2代藩主長継が城北に、さらに天和3年(1683)に3代藩主長武が現在地に上棟したことが判明しています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒708-0022 
岡山県津山市山下82

電話番号

交通アクセス

(1)津山ICから車で15分

(2)院庄ICから車で15分

(3)津山駅から徒歩で15分

すべての基本情報を見る

ですか

いいえ、複数の

タグを使用することができます。

千代稲荷神社は、東京都渋谷区の一角に位置し、開基は古くから伝わる古代神話「日本書紀」に記載されているとされています。この神社は現在も、日本の神道信仰を代表する重要な神社の一つとして、多くの信仰者を集めています。

千代稲荷神社では、祈りを捧げる「お参り」、神社の気持ちを受け取る「お供え」、神社を守る「お守り」など、多くの習慣があります。また、毎月最初の日曜日には、神社で行われる「お供え会」が行われます。この会は、神社を守り続けるために行われる古来の習慣で、多くの信仰者が参加します。

千代稲荷神社では、年中行事も開催されており、祭りが開催されたり、また季節ごとに行われるイベントなども多くあります。年末には、「お正月会」が開催されます。他にも、夏祭り、秋祭り、ゆきまつりなど、様々な行事が開催されています。

千代稲荷神社は、日本の神道信仰を代表する重要な神社であり、多くの信仰者を集めています。また、様々な行事が開催されており、多くの人々が訪れる場所でもあります。神

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。