岡山神社


岡山神社の地図情報☜

岡山神社について

貞観年中(859~877年)の創建。かつては岡山城本丸の地に鎮座していました。天正元年(1573年)、宇喜多直家が岡山城を築くにあたり、現在の社地に遷座しました。岡山城の守護神として歴代城主の崇敬を受けました。ご祭神は、倭迹迹日百襲姫命、吉備津彦命、日本武尊、武安霊命(池田光政)

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒700-0813 
岡山県岡山市北区石関町2-33

交通アクセス

(1)山陽自動車道岡山ICから20分

(2)JR岡山駅から10分(東山行、城下下車)

城下から5分

すべての基本情報を見る

ではありません。

岡山神社は、山口県岡山市にある、12世紀初頭に創建された古代神社です。岡山神社は、元々は仏教であった岡山城として知られていましたが、当時の名門藤原氏という豪族の勅願により、神道神社として創建されました。

岡山神社は、本殿の他に、鳥居、両殿、権現堂など、多くの建築物を持ち、多くの日本の神々が祀られています。岡山神社の本殿は、昔から現在に至るまで岡山城の根幹となってきました。

また、岡山神社は、毎年6月10日に行われる豊玉祭りという祭典で有名です。豊玉祭りは、豊玉神に祈りを捧げるために行われる祭典で、岡山神社の鳥居を通り、本殿の中へと入る礼拝者達が集まります。その他にも、祭りや文化的イベントなども毎年開催され、多くの人々が訪れる神社となっています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。