楽音寺


楽音寺の地図情報☜

楽音寺について

縁起によれば天慶年間におきた藤原純友の乱を平定した藤原倫実が沼田七郷を賜り、薬師如来を本尊として楽音寺を建てたと伝えられている。その後,鎌倉時代になり東国から移住してきた小早川氏の氏寺となり二院十八坊を数える大寺となるが、近世には福島正則の寺領没収により疲弊し現在に至る。中興開山といわれている宥文の墓碑銘によると、楽音寺本堂(県重要文化財)は小早川隆景の命により慶長3年(1598)に再建されたとあり、戦国時代の様式を伝える数少ない建造物である。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒729-0413 
広島県三原市本郷町南方6069

電話番号

0848-86-2658

交通アクセス

(1)JR本郷駅から車で10分

すべての基本情報を見る

ですが、様々なサブタグを持つことができます。

楽音寺は、鎌倉幕府の後期に、日本の文化を拡張するために建立された文化施設です。空海が建立した施設で、当時の僧侶である空海の指導のもと、文学や音楽、書道などの芸術を学ぶために使用されました。

また、空海が著した『楽音寺覚書』は、空海が築いた楽音寺の活動を記した入門書であり、今でも多くの愛好家の間で重宝されています。

楽音寺には、学問的な活動以外にも、多くの催し物や祭りが行われていました。空海が著した『楽音寺覚書』には、詩を披露する歌会や紙芝居を演じる芝居会などが記されています。

現在は、楽音寺が建てた数々の社殿や銅像などが残っており、日本文化を研究する宝庫として広く認知されています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。