満舟寺


満舟寺の地図情報☜

満舟寺について

境内には、芭蕉百回忌の年にこの地の俳人たちが建立した「誰彼塚」という句碑や江戸時代の著名な俳人栗田樗堂(ちょどう)の墓が残っている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒734-0302 
広島県呉市豊町御手洗

電話番号

交通アクセス

(1)広島呉道路呉ICから車で70分

(2)呉駅前からバスで90分

(3)竹原港から船で40分

大長港からバスで3分(御手洗港バス停下車)

御手洗港バス停から徒歩で3分

すべての基本情報を見る

満舟寺は、神奈川県横浜市内にある仏教寺院です。本堂は、室町時代末期に創建されたと言われ、横浜で最古の寺院と言われています。本尊は薬師如来を祀っており、「横浜のお彼岸」とも呼ばれています。 また、境内には芝生広場があり、毎年梅雨時期に開催される「満舟寺のたけし祭り」が有名です。この祭りでは、手塚治虫が描いた「たけし坊や」が木型に刻まれた木像を祭りに招聘し、横浜でも最も規模の大きい祭りとなっています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。