御串山八幡神社


御串山八幡神社の地図情報☜

御串山八幡神社について

古き神功皇后が三韓征伐に行かれる時に寄港し、この山に登られ、眺望を眺めながら髪をくしでとかしたことから御串山と呼ばれている。700年余り前に京都の男山八幡神宮から勧請され、その後550年ほど前に小早川の一族土倉氏によって再建された。
毎年9月には五穀豊穣を祈って秋祭りが行われる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒725-0403 
広島県豊田郡大崎上島町明石

電話番号

交通アクセス

(1)広島から車で90分(山陽自動車道河内ICで降りて竹原方面へ)

竹原港から船で37分(明石港行きの高速船にご乗船ください。)

明石港から徒歩で5分

すべての基本情報を見る

です

お守り串山八幡神社(おまもりくしやまはちまんじんじゃ)は、宮城県仙台市太白区にある神社です。串山八幡神社は、現在の建物が建てられたのは1930年の頃といわれていますが、室町時代(1392~1573)には、お守り串山八幡神社として、仙台藩の先祖神社として崇敬されていたといわれています。

串山八幡神社は、山神・海神・大空母神・火神を祀る神社です。そのため、「山海空火五神」と呼ばれ、災害を防ぐお守り神社として知られています。また、串山八幡神社は、仙台藩の建長助(たけながたすか)の功績を称えるため、毎年4月1日から4月3日まで開催される「串山八幡まつり」が行われています。

串山八幡神社は、宮城県内でも有名な神社で、参拝客が多く訪れる神社です。年間を通して様々なお祭りや行事が開催されており、宮城県民からも多くの人が訪れています。
でも有効です。

御串山八幡神社は、秋田県北秋田市にある神社です。旧称は、八幡神社です。現在は、御串山八幡神社として知られています。境内のお社を中心に、大小の社殿・社務所・御朱印所・神楽堂などがあります。この神社は、日本神話の七福神である八幡大神(八幡大御神)を祀っています。また、この神社は、約1000年前に創建された古刹として、国宝に指定されています。また、現在、御串山八幡神社は、秋田県民をはじめとして、全国から多くの信仰者が訪れています。この神社では、毎年、大会が開催されており、多くの信仰者が集まります。また、神社へのお参りをする際には、神社の庭園をのぞき見しながら、神々が宿っているという信仰心を深めることができます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。