光峨嵋山護国神社


光峨嵋山護国神社の地図情報☜

光峨嵋山護国神社について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒743-0007 
山口県光市室積

電話番号

すべての基本情報を見る

光峨嵋山護国神社は、中国四川省南充市にある神社です。設立は、宋朝(960-1279)の将軍陳秀才が張騫を訪れた時から始まりました。その後、多くの諸侯が光峨嵋山を訪れ、護国神社を建立しました。今では、重要文化財として国家の管理を受けています。

光峨嵋山護国神社は、陳秀才が自分の軍隊を護ってくれる神社として建立されました。また、金門峽谷で有名な名門陳家の墓地でもあります。神社は、最大の「張騫祠」と「宋朝墓地」を含む複合的な文化財です。建物は、史跡建築として尊重されており、宋朝の建築技術を表しています。

光峨嵋山護国神社は、毎年お正月に、多くの人々が訪れて祭りを行います。また、「光峨嵋山護国神社祭」という全国的な文化祭も開催されています。この祭りでは、文化財を守るために、歴史的な建築、古代の伝統文化、民族衣装、民族舞踊などが披露されます。

光峨嵋山護国神社は、歴史的文化財を守り、古代の伝統を残すために重要な役割を担っています。多くの人々が古

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。