通化寺


通化寺の地図情報☜

通化寺について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒742-0413 
山口県岩国市周東町上久原1957

電話番号

すべての基本情報を見る

大梅山通化寺は、日本古来の寺院の一つです。建立者は明暦3年(1647年)に山本鷹山氏によって、元安室天皇の勅願により開創されました。その後、江戸時代から明治時代にかけて、多くの著名な僧侶がここで精進してきました。

大梅山通化寺は、仏教への関心を深めるために多くの人々を集め、仏教文化を発展させてきました。また、この寺院は、周囲の地域社会に積極的に関わり、犯罪の抑止や貧困層の支援などを行ってきました。そのため、多くの人々に愛され、長い歴史を継承してきました。

大梅山通化寺は、仏教の教えや文化を発展させるだけでなく、日常の生活に役立つ実践的な利益も提供してきました。例えば、仏教文化を発展させるための学問活動や社会活動、多くの人々にとって豊かな文化体験を提供するイベントなどが行われています。

通化寺は、山号不明の寺院で、明治13年(1880年)に公式開山されました。寺院は、国宝・国指定の杉竹林に囲まれ、大正8年(1919年)には、「国宝通化寺杉竹林」として公開されました。この杉竹林は、古来より珍しい植物が豊富に生育していて、最大の名所です。さらに、寺院内部には、約200年前に建てられた本堂や、小林一茶や他の著名な僧侶の住職が勤めたといわれる禅室などがあります。

また、通化寺では、長い歴史を持つ修行行事が毎年4月から5月に開催されています。また、歴史的建造物群の保護と活用を行うため、「通化寺文化財保存協議会」が設立されました。そのほか、通化寺では、毎年2月に開催される「秋田県長井市通化寺桜まつり」なども人気があります。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。