木造地蔵菩薩坐像(蓮華寺)


木造地蔵菩薩坐像(蓮華寺)の地図情報☜

木造地蔵菩薩坐像(蓮華寺)について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒742-1515 
山口県熊毛郡田布施町上田布施2477

電話番号

0820-52-1386

すべての基本情報を見る

蓮華寺にある木造地蔵菩薩坐像は、安心の象徴として愛されており、明治期に古美術商が保存したといわれています。実際の年代は不明ですが、11世紀頃の小林禅師が書いた『蓮華寺抄』によると、坐像は平安時代に建立されたとされています。坐像は縦約1.7メートルに及び、安置堂の奥に安置されています。蓮華寺は国宝である木造坐像を有しており、重要文化財等指定第二種に指定されています。

木造地蔵菩薩坐像には、右手に宝珠、左手に鈴を持つ姿をしています。顔の表情は穏やかで、袖を開いているところから、天を見上げたような表情が伺えます。胴体には、菩薩の信仰を伝える多くの文字が書かれています。木造地蔵菩薩坐像は、重厚な表情が特徴的な形が美しく、重要文化財として愛されています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。