木戸神社は、江戸時代後期に建立されたとされています。当時、木戸神社は江戸幕府の祖父である徳川家定公が木戸の守護を仰ぎ、守護神として崇拝されていました。現在の木戸神社は、1868年(明治元年)に定められた神社改修条例に基づいて建て替えられ、歴史的建造物として庭園に残されています。

木戸公園は、明治30年(1897年)に公園として開放されました。木戸公園には、木戸神社から南に広がる芝生広場、公園内の池に囲まれた野外音楽堂、緑地などがあります。

木戸神社と木戸公園は、観光客や地元の方々に広く利用されています。神社では、新郎新婦のお祝いや御朱印、入口付近の神社霊堂で行われる参拝などが行われています。公園には、多くの観光客が訪れて様々なイベントが開催されたり、地元の人々が自然豊かな環境で散歩や運動を楽しんだりするなど、多くの利益を享受しています。

木戸神社


木戸神社の地図情報☜

木戸神社について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒753-0079 
山口県山口市糸米2-9

電話番号

すべての基本情報を見る

木戸神社は、江戸時代後期に建立されたとされています。当時、木戸神社は江戸幕府の祖父である徳川家定公が木戸の守護を仰ぎ、守護神として崇拝されていました。現在の木戸神社は、1868年(明治元年)に定められた神社改修条例に基づいて建て替えられ、歴史的建造物として庭園に残されています。

木戸公園は、明治30年(1897年)に公園として開放されました。木戸公園には、木戸神社から南に広がる芝生広場、公園内の池に囲まれた野外音楽堂、緑地などがあります。

木戸神社と木戸公園は、観光客や地元の方々に広く利用されています。神社では、新郎新婦のお祝いや御朱印、入口付近の神社霊堂で行われる参拝などが行われています。公園には、多くの観光客が訪れて様々なイベントが開催されたり、地元の人々が自然豊かな環境で散歩や運動を楽しんだりするなど、多くの利益を享受しています。

大木戸神社は、長崎県雲仙市にある神社です。現在では、国宝に指定されています。大木戸神社は、明治6年に建立されました。祭神は神力主命(じんりょくしゅめい)として、国司元親(くにしもみよ)として、神明(じんめい)として祀られています。神社は、鎮守の神を祀るために建てられました。また、大木戸神社は、同地方の豊かな景観と豊かな文化を守り続けています。宮司の努力により、大木戸神社は毎年、多くの旅行者や祭りを受け入れています。大木戸神社の境内には、多くの社寺があり、昔ながらの町並みを残しています。また、境内には神社から小さな滝が流れている景観があり、美しい水面を楽しめます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。