木ノ根神社


木ノ根神社の地図情報☜

木ノ根神社について

境内にある「への子松」の男根崇拝で知られる。子宝祈願や性病治癒にご利益があると言われている。神社前の「木の根本舗」で、男根に似せた形の「木の根まんじゅう」をおみやげにどうぞ。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒689-3132 
鳥取県西伯郡大山町松河原

電話番号

交通アクセス

(1)下市駅から徒歩で20分

(2)山陰道名和ICから車で10分

すべての基本情報を見る

木ノ根神社は、山口県光市にある木ノ根町の木ノ根神社として知られています。古くから伝わる神社で、正式な建立年は不明ですが、木ノ根町の記録によると、西暦1300年頃に創建されたとされています。

木ノ根神社は、大山天満宮とも呼ばれ、国宝の豊前美術の一つに「木ノ根神社太鼓」があります。この太鼓は、木ノ根神社の社務所である木ノ根神社本殿から推測され、約700年前に作られたものと考えられています。

木ノ根神社には、素晴らしい風景があり、五稜郭を望む神社として知られています。また、神社には、紅葉の時期などに有名な「桜の合戦」が行われます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。