大照院本堂・庫裏・書院・鐘楼門・経蔵


大照院本堂・庫裏・書院・鐘楼門・経蔵の地図情報☜

大照院本堂・庫裏・書院・鐘楼門・経蔵について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒758-0061 
山口県萩市大字椿4132

電話番号

交通アクセス

(1)JR山陰本線萩駅から10分

(2)美祢東JCT~絵堂ICから20分(小郡萩道路利用で萩へ)

すべての基本情報を見る

大照院本堂は、千歳市にある大照院の建物で、高さ約17mの小野堂風の建物です。建物は、中央に本堂、左右に庫裏と書院がつながっています。本堂は、屋根と門が特徴的な中世的な建物で、本尊大悲覚経菩薩像が安置されています。

庫裏は、古い本堂から続く建物で、本堂と書院をつなぐ部分です。本堂と書院をつなぐ橋梁が特徴的な建物で、一方が本堂、もう一方が書院となっています。

書院は、庫裏から本堂を続く建物で、大正時代に完成した中世的な建物です。その外観は、本堂と似たような建物で、中央に門があり、紅葉を描いた柱や梁などが特徴的です。

鐘楼門は、大照院の本堂から発した鐘が入っている門で、唐招提寺風の建物です。門の柱には、葛飾北斎(江戸時代の画家)の「高山寺拝観図」が描かれています。

経蔵は、大照院の書院から発した経典を保管する建物で、大正時代に完成した建物です。経蔵の内部は、書院と似たような建物で、本尊大

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。