明倫館遺構聖廟(海潮寺)


明倫館遺構聖廟(海潮寺)の地図情報☜

明倫館遺構聖廟(海潮寺)について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒758-0032 
山口県萩市北古市萩町50 海潮寺

電話番号

すべての基本情報を見る

明倫館遺構聖廟(海潮寺)は、室町時代(1392-1573)に大和地方の伊予国(現在の愛媛県)に建立された仏教寺院です。当時、石見国伊舞宮(現在の東京都)の弘法大師明倫が開館しました。明倫館遺構聖廟は、当時の建築技術を受け継ぎ、大正改革時代(1912-1925)に改修されています。現在の建物は正倉院造りの建物で、室町時代から現在まで変化していません。聖廟は、室町時代から現在まで全国的な仏教文化の名所として親しまれています。今では、東京都の中野区にある、室町時代以来の正倉院造りの聖廟として観光地として親しまれています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。