光明院(広島県廿日市市)


光明院(広島県廿日市市)の地図情報☜

光明院(広島県廿日市市)について

宮島杓子の考案者・誓真が修行した寺。境内敷地内に誓真大徳碑があり、小高い丘から宮島の町並みや瀬戸内海が見渡せます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒739-0521 
広島県廿日市市宮島町大町395

電話番号

0829-44-0235

交通アクセス

(1)宮島棧橋から徒歩で10分

すべての基本情報を見る

深遠寺光明院は、広島県廿日市市に位置する、新禅宗から派生した南禅宗の寺院です。創建は、1560年(安永7年)に深遠大師が行ったとされる、江戸時代初期に行われたものと推定されます。

光明院は、廿日市市の中心部に位置し、広島中央部から25km、広島空港から39kmの距離にあります。

光明院は、臨済宗の寺院であるため、精進料理(せいじんりょう)が施されます。また、毎月第1日曜日には、一般の方も参拝できるよう、開放されています。

光明院には、古い本堂や山門が残っており、歴史的価値が高く、観光客で賑わっています。その他にも、国宝・重要文化財等に指定されている廿日市市の寺院の中でも最も大きな規模であることから、特に有名な寺院となっています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。