洞雲寺(広島県廿日市市)


洞雲寺(広島県廿日市市)の地図情報☜

洞雲寺(広島県廿日市市)について

洞雲寺は長享元年(1487)、厳島神主職の藤原教親(のりちか)が、大内氏ゆかりの周防・龍文寺から金岡用兼(きんこうようけん)を招いて開山した神主家の菩提寺。桜尾城主であった藤原氏一族の墓、大内氏に滅ぼされた藤原興藤(おきふじ)の墓、毛利元就に敗れ首実検された陶晴賢(すえはるかた)の墓、藤原神主家が滅んだ後、桜尾城に関係した毛利家の桂元澄(かつらもとずみ)、毛利元清(もうりもときよ)夫妻の墓など、この地方で戦国時代を彩った戦国武将の墓がある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観:9:00~17:00

所在地 〒738-0001 
広島県廿日市市佐方1071-1

電話番号

0829-31-2461

交通アクセス

(1)廿日市駅北口から3分

すべての基本情報を見る

洞雲寺は広島県廿日市市にある歴史ある寺院です。廿日市市には日本で名が知られている有名な寺院が多くあり、洞雲寺もその一つです。洞雲寺は廿日市市を代表する歴史ある寺院の一つとして親しまれています。

洞雲寺は、廿日市市の中心部から少し離れた住宅街に位置しています。廿日市市の象徴的な建物である古い木造の山門があり、静かな空気が流れています。洞雲寺は、元々は仏教の本山であった慈悲山寺の廿日市市支部として、廿日市市の初代守護神として創建されました。

洞雲寺は、室町時代からの秘仏・浄土正宗から継承された廿日市市の名門です。廿日市市の歴史を物語る洞雲寺の古い木造建物は、現在も廿日市市の勝利を祝う祈願やお祝いなど、多くの行事が行われています。洞雲寺では、毎月第4日の入梅式や、第14日の祈祷行事などが行われています。

洞雲寺では、古い木造の山門をめぐる仏教の美しい風景を楽しめます。また、洞雲寺では、定期的に仏教行事や文化的行

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。