阿弥陀寺(広島県大崎上島町)


阿弥陀寺(広島県大崎上島町)の地図情報☜

阿弥陀寺(広島県大崎上島町)について

応永29年(1422)真言宗呑津師が開設し、後に曹洞宗に改宗された。
寺には金毘羅堂経机・五鈷鈴など重要文化財もあり座禅堂には参禅者も多い。
金毘羅堂の天井には美しい花の絵が描かれている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒725-0231 
広島県豊田郡大崎上島町東野2276

電話番号

交通アクセス

(1)広島から車で90分(山陽自動車道河内ICで降りて竹原方面へ25分)

竹原港から船で25分

白水港から徒歩で15分

すべての基本情報を見る

阿弥陀寺は広島県大崎上島町にある古寺です。古くから戦国時代から続く歴史を有し、1000年以上の歴史を誇る寺院です。現在でも古い建物が残るなど、歴史的価値が高いです。室町時代に、佛僧・空海が本山として開基したと言われています。境内内にある本堂は、室町時代から存在し、重要文化財に指定されています。阿弥陀堂は、金色の輝く屋根が印象的で、その他にも日本庭園や古い建物が残るなど、見どころが豊富です。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。