古熊神社拝殿・本殿


古熊神社拝殿・本殿の地図情報☜

古熊神社拝殿・本殿について

本社は文中2年(1373)に大内弘世が京都の北野天神から神霊を迎え、山口の北野小路い創建したものです。

後に毛利秀就が、元和4年(1618)に現在地に移したと伝えられています。

本社殿は室町時代に建立されたものを現在地に移築したもので、本殿と幣殿、拝殿が結合されています。

本殿は入母屋造り、拝殿は本殿とほぼ同時代のもので、二重入母屋桜門造り両翼廊切妻です。

この桜門が拝殿を兼ねた造りかたは山口地方独特のものです。

拝殿と本殿は、国の重要文化財に指定されています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒753-0031 
山口県山口市古熊1丁目10-3

電話番号

交通アクセス

(1)JR「新山口駅」から20分

JR山口線「山口駅」から20分

(2)中国自動車道小郡ICから20分

すべての基本情報を見る

古熊神社は、熊野市にある、古来より根強い信仰を誇る神社です。拝殿は、石垣で取り囲まれた元々の神社構造を残したもので、古熊神社の周辺にある他の神社と異なります。本殿は、全長約19mの屋根を持つ、山門、特別室などがある構造となっています。神社の正面には、階段があり、神社内のお守りを配置する台座が置いてあります。本殿は、当初、全国各地から集まった官庁の仕官者が立ち向かう心残りを慰めるため、天文15年(1586年)に建てられました。宮司は、金時藩主楠木正成が入居し、以後1000年以上にわたり、御祭神の礎石として崇敬の礼拝を受け続けています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。