中山神社【綾羅木】


中山神社【綾羅木】の地図情報☜

中山神社【綾羅木】について

幕末期、急進派の公卿として活躍した中山忠光を祭神とする神社。忠光は明治天皇の叔父にあたり、元治元年(1864)、長州藩の俗論党によって田耕村(豊北町)で暗殺され、この地に葬られました。享年20歳。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒751-0849 
山口県下関市綾羅木本町7-10-8

電話番号

083-253-0704

交通アクセス

(1)JR山陰本線綾羅木駅から徒歩で

(2)JR下関駅からバスで

「中山神社前」バス停から徒歩で

すべての基本情報を見る

中山神社(なかやまじんじゃ)は、福島県いわき市にある神社です。境内の中心に祀られているのは、太神尊祇命大神(おおがみみゆみみおおみ)であり、改称によって綾羅木(あやらぼ)と呼ばれることもあります。境内には、春木(はるき)、桧木(ひのき)、柳木(やなぎ)などの古木も取り入れられています。

中山神社は、古くは江戸時代に源頼朝が祀ったという神社で、宮古島からの帰還を祝い設立されたとされています。現在の境内は、江戸時代後期に城主・安積家が設立したと伝えられています。

中山神社は、全国の神社仏閣の中でも特に有名な神社で、「太神尊祇命大神社」として毎年、多くの信仰者が訪れます。また、参拝者のみならず、学生などが合宿などの目的で訪れることもあります。

中山神社は、正月の初詣、毎月第2日曜日の「御開帳」、毎年4月に行われる「御開帳祭」など、様々な催しが行われています。また、境内には、古代の樹木や江戸時代の安積家の建物なども見られ、多くの観光客が訪れることもあります。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。