波多見八幡山神社


波多見八幡山神社の地図情報☜

波多見八幡山神社について

建久二年(1191年)に勧譜し、天正四年(1576年)に小早川隆景が再建。毎年9月に2日間にわたって行われる秋祭が有名。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒737-1207 
広島県呉市音戸町波多見3-18-5

電話番号

0823-52-0146

交通アクセス

(1)呉駅からバスで40分

(2)呉駅から車で35分

すべての基本情報を見る

米沢市にある波多見八幡山神社は、神社の山守として守り続けられている山神社です。山守職は、米沢市の中心部にある八幡山の頂上にある神社を管理する者として定着してきました。現在は、米沢市にある波多見八幡山神社となっています。

波多見八幡山神社の歴史は古く、紀元前2世紀頃に遡ります。現在でも、古墳時代から歴史が受け継がれています。また、米沢市が誕生してからも、米沢市の中心部にある八幡山を守る神社として、神社の山守が守られるようになりました。

波多見八幡山神社は、米沢市の中心部にある八幡山の頂上に位置しています。神社内には、主祭神のほかに、八幡大神・豊穣大神・養命大神などを祀っています。また、神社内には、鳥居、神楽殿、木造の社殿、香炉、供物台などがあります。

波多見八幡山神社は、地域の方々の皆様に愛されている神社です。神社の鳥居をくぐると、森林の中にいつもお参りできる自然な空気感があります。また、毎年秋に行われる「八幡山神社例大祭」もおすすめです。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。