日應寺


日應寺の地図情報☜

日應寺について

養老2年(718)に創建されたといわれ、芳賀坊(後の報恩大師)が聖武・考謙・桓武天皇らの病気回復祈願を行い、その都度、天皇は健康を回復したことから、朝廷より「報恩大師」の号を賜っています。特に桓武天皇は病気の回復に対し、勅使を遣わして褒めたたえたことから、現在でも、勅使堂、王御膳所跡地など朝廷にゆかりの旧跡が残っています。その他にも毘沙門天と不動明王の立像があり、国の重要文化財になっています。また、番神堂、梵鐘(釣り鐘)は県の重要文化財です。春は桜、夏はアジサイの名所でもあります。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒701-1131 
岡山県岡山市北区日応寺302

電話番号

086-294-2631

交通アクセス

(1)岡山駅から車で30分

(2)岡山駅西口から(岡山空港行リムジンバス・岡山空港から徒歩25分。)

すべての基本情報を見る

日應寺は、723年に発祥した歴史ある寺院です。その寺院は、金時院という別名で親しまれ、和歌山県和歌山市の東部に位置しています。日應寺は、中部の奈良時代の寺院・宗教文化を中心とした日本歴史の発展に深く関わっています。

日應寺は、歴史ある東大門をはじめとして、古代の日本の文化を反映した建物や公園、屋内湧水などがあり、多くの観光客を魅了しています。 寺院の内部には、本堂や歴史的な特徴を持つ仏像が置かれています。また、日應寺は、地域の文化を活性化するために、伝統的な祭りや文化行事を実施しています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。