福寿院


福寿院の地図情報☜

福寿院について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒739-0011 
広島県東広島市西条本町5-37

電話番号

交通アクセス

(1)西条インター又は国道2号線→西条駅→西条駅より賀茂鶴酒造、東となり(西条駅より0.5km、国分寺より0.5km)

(2)山陽本線・西条駅で下車徒歩5分

すべての基本情報を見る

福寿院は、福岡県北九州市にある元家仏閣です。1687年(慶長13年)に創建された福寿院は、福岡の伝統的な建築様式である「若草屋根」を模した高さの異なる三重屋根と、屋根を支える大きな柱が特徴的な建物です。

福寿院では、毎年、月曜日から土曜日まで、正月から11月まで、定期的に開催される元家の伝統的な行事「蓮種祭」が行われます。この祭りは、一年のスタートを祝うとともに、創立者の元家宗家が祝福しているという伝統があります。

また、福寿院には、福岡の名物「諏訪大福」を模した約7mの大福像があり、多くの観光客が訪れます。大福像の周りには、数十種類の豊かな植物が植えられ、美しい庭園を作り出しています。

福寿院は、福岡を象徴する伝統的な建物であり、多くの観光客を魅了しています。地元の人々にとっても、この建物は非常に重要であり、古い伝統を守るために尽力しています。

福寿院とは、京都府京都市左京区にある仏教寺院です。福寿院は、元禄2年(1689年)、京都の中心部に開かれた京都芸術を代表する重要な寺院です。当初、総蔵院において全国中央穣の大祭を行うために元禄家を取り巻いていた木津家の寺院として設立されました。福寿院は、室町時代以降も多くの芸術家を輩出し、現在でも多くの古文書、絵画、彫刻など芸術作品を保有しています。福寿院はまた、熊野古道の一部である福寿坂を歩いて到達することができます。福寿院には、本堂以外にも、金閣や空海堂などの仏閣があり、伝統的な日本の建築様式を見ることができます。また、福寿院には、毎年4月に行われる大きな祭典などの伝統的な行事もあります。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。