瀧谷寺は、鎌倉幕府の幕府将軍・家康公が臨済宗律宗の法然上人に、貴家のための隠居のために創建したとされています。完成したのは後に法然上人の晩年であり、その後も江戸時代に入ってから、菊厳天皇、文明天皇、福原家、熊野家など色々な貴族がお参りしていました。その後も、大正時代には明治以前の勅使節制が復活しました。そのおかげで、当時の瀧谷寺は、鎌倉の主要な寺院として栄えました。

瀧谷寺の大きな利益は、宗教的なものから文化的なものまで、多岐に渡ります。瀧谷寺には、多くの寺院文化や伝統が保存されており、多くの参拝者が美しい瀧谷寺を参拝しています。また、瀧谷寺は、仏教文化を伝える重要な場所でもあります。瀧谷寺の文化財は、多くの人々から高く評価されており、仏教文化を弘める大きな役割を果たしています。
瀧谷寺


瀧谷寺の地図情報☜

瀧谷寺について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒741-1111 
山口県防府市富海1593

電話番号

すべての基本情報を見る

瀧谷寺は、鎌倉幕府の幕府将軍・家康公が臨済宗律宗の法然上人に、貴家のための隠居のために創建したとされています。完成したのは後に法然上人の晩年であり、その後も江戸時代に入ってから、菊厳天皇、文明天皇、福原家、熊野家など色々な貴族がお参りしていました。その後も、大正時代には明治以前の勅使節制が復活しました。そのおかげで、当時の瀧谷寺は、鎌倉の主要な寺院として栄えました。

瀧谷寺の大きな利益は、宗教的なものから文化的なものまで、多岐に渡ります。瀧谷寺には、多くの寺院文化や伝統が保存されており、多くの参拝者が美しい瀧谷寺を参拝しています。また、瀧谷寺は、仏教文化を伝える重要な場所でもあります。瀧谷寺の文化財は、多くの人々から高く評価されており、仏教文化を弘める大きな役割を果たしています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。