穀庵山神社は、江戸時代の1776年に創建されました。この社は、穀庵山という山からの名前を取っています。穀庵山は、日本各地を流れている青海川の支流の一つであり、流れた先では、鳥取県の豊郷町という場所に注ぎ入れられています。この社は、近隣の人々にとって、安全な水供給を行ってきました。

穀庵山神社は、その水害防止の効果を信仰者たちに証明してきました。それに加えて、地域の人々に経済的な利益をもたらしました。それと同時に、政治的な側面もありました。この社は、豊郷町と明治神宮の結びつきを強める役割を果たしてきました。

穀庵山神社は、今もなお多くの信仰者を集めています。そのため、地域への貢献、観光客増加など、さまざまな利益が得られています。また、神社の関係者は、地域の人々と協力しながら、環境保全活動を行っているなど、その活動は多岐にわたっています。

畝山神社


畝山神社の地図情報☜

畝山神社について

広島県の文化財(天然記念物)に指定されている巨樹群が存在する神社。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒739-2313 
広島県東広島市豊栄町清武787

電話番号

交通アクセス

(1)山陽本線西条駅より芸陽バス「豊栄」行きご乗車 終点「豊栄」下車 徒歩10分程度

すべての基本情報を見る

穀庵山神社は、江戸時代の1776年に創建されました。この社は、穀庵山という山からの名前を取っています。穀庵山は、日本各地を流れている青海川の支流の一つであり、流れた先では、鳥取県の豊郷町という場所に注ぎ入れられています。この社は、近隣の人々にとって、安全な水供給を行ってきました。

穀庵山神社は、その水害防止の効果を信仰者たちに証明してきました。それに加えて、地域の人々に経済的な利益をもたらしました。それと同時に、政治的な側面もありました。この社は、豊郷町と明治神宮の結びつきを強める役割を果たしてきました。

穀庵山神社は、今もなお多くの信仰者を集めています。そのため、地域への貢献、観光客増加など、さまざまな利益が得られています。また、神社の関係者は、地域の人々と協力しながら、環境保全活動を行っているなど、その活動は多岐にわたっています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。