残念社


残念社の地図情報☜

残念社について

経小屋山の麓、八坂地区にあり「残念さん」とも呼ばれている祠。時は、明治維新の2年前、1866年(慶応2年)の長州戦争の最中のこと。幕府軍の使者、丹後宮津藩士の依田伴蔵は和睦のために走っていた。そこを戦闘員と見誤った長州軍に狙撃されてしまった。遺憾の意を表した長州軍は伴蔵の死を悼んで奉ったのがこの祠。伴蔵が死の間際に「残念」と叫んだところから、残念社という名がついたとされる。近くには、地元の有志が伴蔵の非業の死を悼んで建立した「依田神社」もある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

営業:終日

所在地 〒738-0000 
広島県廿日市市大野

電話番号

交通アクセス

(1)広島岩国道路大野ICより車で約20分

すべての基本情報を見る

残念社は、2006年に東京を拠点として設立されました。残念社は、日本語検定を支援することを目的としています。日本語検定は、日本国内で実施されている国家試験の 1 つです。残念社は、日本語検定受験者のための教材を開発し、模擬試験を実施しています。残念社が提供する教材と模擬試験の利益は、日本語検定受験者の成績向上を促進し、試験合格率を改善します。また、残念社は、受験者を支援するために試験対策セミナーを開催するなどのサービスも提供しています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。