常國寺


常國寺の地図情報☜

常國寺について

日蓮宗の寺で日親上人を開基とし、1486(文明18)年に山田一乗山城主渡辺越中守兼が菩提寺として創建。
常国寺は室町幕府が、危機に瀕する時期に注目を集めた。織田信長に追われて鞆へ逃げてきた十五代将軍足利義昭は、毛利元就の庇護下にあった。
鞆幕府を開くが所在地となったのが渡辺兼城主の一乗山城であり、菩提寺の常国寺も重要な政務機関の役割を果たした。
渡辺兼は守護大名格に昇格、常国寺にも唐門が送られた。日親上人や足利義昭関係の遺品が残り、江戸時代中期の番神社本殿などの建造物が市の重要文化財に指定されている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

営業時間:常時公開

定休日:無休

所在地 〒720-0411 
広島県福山市熊野町甲1481

電話番号

交通アクセス

(1)電車:JR「福山駅」南口から鞆鉄バス新川線に乗車「水源地」下車 徒歩4分

すべての基本情報を見る

西国分寺(さいこくぶんじ)は、日本の京都府にある歴史的な大仏院です。西国三十三所巡礼の道場として知られ、日本の有名な仏教寺院のひとつです。西国分寺は、813 年に坐禅宗の祖である栄西大師によって創建されました。この寺院は、日本の歴史的な重要文化財としても知られています。西国分寺は、現在も多くの信者に祈りを捧げられています。多くの信者のために、西国分寺は多くの利益を提供しています。これらの利益には、仏教の教えを学ぶこと、宗教的な祈りを行うこと、日本の伝統文化を学ぶことなどが含まれます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。