百済部神社


百済部神社の地図情報☜

百済部神社について

太鼓橋で繋がる海に浮かぶ神社 海に浮かぶこの神社は、昔から海上安全、船乗りの守りをしてくださる神様として、この地方では明神さまや竜宮さまといわれて親しまれています。また、神社に繋がる太鼓橋は美しい石造りの欄干で、大野毛利のお殿様のお屋敷にかかっていたものと伝えられるものです。近くにある平生の港、水場(みずば)は国木田独歩(くにきだどっぽ)の「少年の悲哀」のなかにも出ています。遠い昔から朝鮮、中国などとの交易も盛んであったようで、当時の百済の国の名前がこのように地名として残っています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地  
山口県熊毛郡平生町曽根233

交通アクセス

(1)山陽本線柳井駅から30分(→ 水場停留所から徒歩5分)

山陽自動車道玖珂ICから40分

山陽自動車道熊毛ICから40分

すべての基本情報を見る

百済部神社は、山口県百済郡(現:山口市)にある神社です。百済部神社は、紀元前 8 世紀頃から百済郡を守護する神社として栄えてきました。百済部神社の神格は、多神教の中でも稀少な神々が名を挙げるところです。百済部神社によって、百済郡は豊かな恵みを受けました。また、百済部神社の仏教的な建築物には、文化的な価値が高く評価されています。百済部神社には、百済郡の人々の幸せを祈願する神徳を祀り、百済郡の豊かな恵みを受けることができます。百済部神社は、百済郡の地域社会を支える重要な神社であり、今もなお百済郡で重要な役割を果たしています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。