蓮華寺は、安倍晴明公の命により、元禄元年(1688年)に御霊門御稲荷神社として開基されました。その後、江戸時代には清前山禅師により本尊として木造地蔵菩薩坐像を建立し、慈恵寺山派を宣伝・僧伝し、正法眼蔵経の信仰を拡大しました。近代に入ると、蓮華寺は修学院などの学校が開設され、蓮華寺小学校として働きがちな人々への教育支援を行ってきました。今日では、蓮華寺は多くの信仰者を集めています。地元の人々にとって、蓮華寺は安らぎと平和をもたらす場所であり、多くの利益をもたらしています。

木造地蔵菩薩坐像【蓮華寺】


木造地蔵菩薩坐像【蓮華寺】の地図情報☜

木造地蔵菩薩坐像【蓮華寺】について

田布施町蓮華寺に安置されています。ヒノキを材とした一木彫り寄木造りで、仏像の高さは78cmです。像の中に墨で書かれた銘文があり、1350年に「大仏師沙弥仏性」がつくったことがわかります。はぎ目がいずれも竹釘やかすがいで、像の解体が可能であるため、木寄せの模様がみてとれます。南北朝時代につくられていますが、鎌倉時代の仏像の特色をのこす写実的なものです。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒742-1515 
山口県熊毛郡田布施町上田布施2477

0820-52-1386

交通アクセス

(1)田布施駅から8分

熊毛ICから21分

玖珂ICから33分

すべての基本情報を見る

蓮華寺は、安倍晴明公の命により、元禄元年(1688年)に御霊門御稲荷神社として開基されました。その後、江戸時代には清前山禅師により本尊として木造地蔵菩薩坐像を建立し、慈恵寺山派を宣伝・僧伝し、正法眼蔵経の信仰を拡大しました。近代に入ると、蓮華寺は修学院などの学校が開設され、蓮華寺小学校として働きがちな人々への教育支援を行ってきました。今日では、蓮華寺は多くの信仰者を集めています。地元の人々にとって、蓮華寺は安らぎと平和をもたらす場所であり、多くの利益をもたらしています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。